採用管理システム導入のメリット

企業において、一番の財産は人材になります。このことは、どれだけ機械化やシステム化が進もうが変わるものではありません。それだけに、各会社の人事担当者は、より優秀な人材の確保の躍起になっています。特に、最近では労働人口の高齢化と現象が大きな問題となっており、各会社とも人材確保に力を入れていますから、厳しい競争となっているのが実態なのです。しかしながら、近年、各会社とも中途採用の募集に力を入れており、人事担当者が採用業務にかかる諸事務に追われ、本来の採用管理が十分でないとの課題があります。そこで、いわゆる事務手続をシステム化することで、本来、人事担当者が行うべき管理業務に傾注させる会社が増えており、優秀な人材確保の成果を上げているのです。

人事担当者の採用に関する真の役割とは

人材確保に関して、人事担当者は募集から雇用までの過程において、様々な業務に携わっていきます。まず、募集においては、社内から必要な人材に関する詳細なデータを取りまとめ、適切な労働条件を検討し、募集広告を作成します。その後の、各媒体に求人広告の掲載を依頼するとともに、応募者の経歴等を取りまとめます。選考に関しては、選考試験を外注に発注し、選考結果を取りまとめた上で合否判定を行い、内定通知を発送します。その後、入社案内や入社時の様々な諸事務に携わっていくのです。これまで、これらの事務を手作業に近い形で行なってきたため、人事担当者はそのほとんどの労力を費やしてきましたが、本来は採用基準を策定したり、選考結果から選考試験の内容を吟味するなど、企画部門の仕事に従事し、ただ、人を集めるのではなく、優秀な人材を集めることが大切なのです。

採用管理システムを導入するメリットとは

採用管理システムのメリットは採用に関する諸事務をシステムに組み込むことで、人事担当者の負担を軽減することです。例えば、内定通知などは、これまでは選考試験の結果を人事担当者が一つひとつ確認しながら内定通知書を作成し、郵送やメールで送付していましたが、システムであれば選考試験の結果が出たと同時に通知書を作成し、自動でメール送信まで行ってくれます。また、応募者の経歴や選考試験の結果などの情報は、データベースとして蓄積されますから、今後の採用管理に活用することも可能なのです。つまり、人事担当者は、事務の効率化が図られるだけでなく、採用に関するデータベースも手に入れることができますので、本来の企画業務に必要なデータとともに傾注することができますから、より精度の高い採用基準を策定することができるのです。

豊富な機能で、多様な採用プロセスにフィットする採用管理システムです。 新卒、中途を同時に新規でご契約した場合、初年度の3か月間無料でお使いできます。(※ご契約期間が12ヵ月以上の場合) 採用目標数に届かなかったり、変動が激しい採用状況に合わせて企業をサポートします。 人材を獲得するためのノウハウや、従来の知恵を駆使したソリューションが凝縮されています。 多機能の採用管理システムをご提供