実際に採用管理システムを利用している企業の声

各企業において、人材を採用することは大きなコストが必要となるものであり、採用した人材が早期退職となってしまったり、期待していた実績が得られなければ大きな損失にもつながりかねません。そのため、各企業の採用担当者は、会社にとって有益な人材の確保に全精力を傾けていますが、特に新卒採用者については、早期退職者が増加傾向であり、そこで発生した要員不足を中途採用で補充しているのが実態です。そこで、各企業においては、採用業務を抜本的に見直すため、採用管理システムを導入して採用部門の強化を図っています。ただし、システムを導入するだけで、抜本的に改善されるものではありません。システムをいかに活用するかが大きな課題であり、同じシステムを導入しても、その成果に大きな違いが出てくるのです。

採用管理システムの有効な活用例

システムを導入することで、応募者の経歴や選考状況、合否などを一括管理することができますが、それだけだと、単なる進捗管理システムになってしまうので、会社にとって有益な人材を確保することにはなりません。大切なのは、そこで蓄積されたデータを活用することなのです。新卒者に早期退職が多い原因の一つに、会社の求める人材と、新卒者の認識に大きな乖離が生じていることがあげられます。つまり、求人募集の方法に問題があると言えるのです。そこで、システムでは新卒者がどういった媒体を通じて応募し、どういった選考基準により入社しているのかを分析することにより、募集媒体や選考基準の見直しを行っていくのです。つまり、こうしたデータの分析と採用業務の改善を行うか否かで、会社にとって有益な社員を確保できるか否かにつながっていくのです。

採用管理システムを導入した企業の成功例と失敗例

実際に採用管理システムを導入し、蓄積されたデータを基に採用計画や採用基準の見直しを行った企業では「新卒の離職率が低下し雇用が安定した」「中途採用にも活用することで大きな成果を得ることができた」という声が多く聞かれています。反対に分析が十分でない企業においては「採用業務の効率化にはつながったが雇用が安定しない」といった声が聞かれています。そこで、最近ではシステムを提供するだけではなく、分析方法や採用計画、採用基準の策定方法についてコンサルを行っている業者もありますので、こういったサービスを利用することで、システムの効果を十二分に発揮することができるのです。優秀な人材の確保は、企業の将来を担うためにも重要なものですから、システムやコンサルの導入には、ある程度のコストがかかっても、先行投資として考えて対応することが大切なのです。