採用管理システムで効率化できる事

採用管理システムを利用することによって、採用に関わる業務を1つのシステムにおいて一元管理することが可能です。パソコンさえあれば、採用に関する個人データなどを一度に掌握することができます。採用管理にはさまざまな業務が付随しており、例えば就職を希望する人の履歴書の管理や選考状況などの管理、絞込みや評価データの管理などがあります。応募者とのやり取りを記録したり、合否通知など管理しなければいけない項目はたくさんあります。会社の規模が大きくなると、必然的に希望する人も多くなり、業務が増えてしまうでしょう。近年インターネットによるクラウドサーバーでデータを保存するような採用管理システムなど、たくさんのシステムが販売されており、いろいろな企業で導入されています。

従来採用に関わる業務が多く負担が大きかったです

従来、採用管理に関するデータはアナログ管理されており、主にエクセルを使って管理されていました。エクセルではデータを検索するのに時間がかかったり、瞬時に判断できないなどの効率面においていろいろな課題がありました。例えば採用に関わるコストが増大したり、採用結果を分析したりそれを活かすことが難しい場合があります。採用時間がかかってしまうことで内定者が辞退したり、採用に関係する業務が多くなるので、肝心の面接に時間をかけることができなくなるでしょう。応募してくれた人への対応をミスしたり、担当者が変更した場合の引継ぎに時間がかかるケースがあります。1人採用するためにいろいろなコストが発生し、費用はもちろん人事担当者の負担も増え、日常業務に支障が出るかもしれません。

システムを導入することのメリット

システムを導入することで、まず採用に関わる業務のコストを削減することが可能です。応募者のデータを効率良く管理することができたり、データを抽出したりメールを自動送付することができます。状況を把握する時間を短縮することができるので、人事担当者のコストを削減することが可能です。次に、データの見える化を推進することができます。現時点での進捗状況や内定状況、希望者の経歴状況など、いろいろな面から採用に関して分析することができるでしょう。次に、優秀な人材を確保することに役立ちます。採用に関わる時間や工数が減少するので、時間が短縮され応募者が辞退することを抑えることが可能です。希望者は複数の会社の採用選考に参加しているので、採用を決定するまでのスピードは優秀な人材を確保するためも欠かせないでしょう。